いろいろな観光タクシーの使われ方

いろいろな観光タクシーの使われ方 さまざまな観光地で非常に重宝されている観光タクシーは、観光バスと双璧をなす重要な観光アイテムとなっています。観光タクシーなら、これまで行くことができなかった地元の方しか知らないような穴場スポットを訪れたり、裏道を使って移動時間を短縮させながら効果的に観光スポット巡りができたりします。もちろんタクシーを貸し切って移動をするので、バスツアーのように他の同乗者に気を使うこともありませんし、トイレ休憩や食事などは自分の気に入ったタイミングでとることができるなどのメリットがあります。非常に便利な観光アイテムですが、実は観光タクシーは観光だけに使われると限定されたものではなく、他の分野でも使用される機会が増えてきています。

最近増えているのが部活動やサークル活動などで利用されるケースです。大会が県外などの場合には、電車で移動をすることが定番ですが、荷物が多いような部活動や、現地の最寄り駅についてからかなり距離があるような場合には、大会などに参加する前に疲れてしまうといったこともあります。そういった時にタクシーを使うとかなり高くついてしまうでしょう。もし観光タクシーのワンボックスタイプを利用することができれば、かなりリーズナブルな料金で、負担の少ない状況にて移動をすることができます。ワンボックスタイプは、最大で9人程度乗車することができるので、一人当たりにかかる利用料金はかなりリーズナブルな価格に抑えることができます。また、基本はタクシーなので、待ち時間もなく非常に利用しやすい移動手段だと言えます。

また、結婚式などにも利用されています。ホテルから結婚式の会場に行くまでの移動手段はいろいろと考えられますが、そんな時に観光タクシーのワンボックスタイプを予約しておけば、結婚式の参列者の方の負担を最小限に抑えることができます。ワンボックスタイプならまとめて移動することができるので、トラブルも少なくすることが可能です。さらに、花嫁さんなども一般のタクシーを利用するより負担が少ないので、観光タクシーを利用するケースが増えています。

社員研修会などでも使われるケースが増えてきました。新入社員を集めて行う研修会などでは、最寄り駅から合宿所まで移動する距離がかなり長いケースがあります。そういった場合には、個人でタクシーを利用してもらうよりも、会社でワンボックスタイプの観光タクシーを予約しておくと、スムーズに新入社員が合宿所まで移動をすることができます。料金もそこまで高くないので、コストを抑えつつしっかりと移動することができるようになっており、多くの企業の担当者が利用をしています。

取引先の方の移動手段として観光タクシーを用意する企業も多くあります。違った地方から来社してもらう時、都市部に会社が位置している場合には、電車の乗り換えが難しいといったケースもあるので、来社をしてもらう際に疲れさせてしまうことがあります。そんな時は、飛行機や新幹線の駅などにお迎えをすると、取引先の企業の方に良い印象を与えることができます。しかし、天候が悪い時などは疲れてイライラさせてしまう可能性もあり、うまい取引のためにはあまりよい傾向とは言えません。

このような場合に観光タクシーを利用すれば、空港や新幹線の停車駅から直接自社まで送迎をすることが可能となるので、取引先の方を疲れさせることはありません。また、一般的なタクシーではなく、ハイヤータイプのタクシーなどを用意している会社も増えているので、取引先の方をVIP待遇にして喜んでもらいたいという時にはおすすめの方法です。他の部分にお金をかけるよりも、手軽に印象を上げることができるので、非常にコストパフォーマンスの高いサービスの利用方法です。キレイモキャンペーン

最新ニュース